大手消費者金融という安心感がプロミスにはあります!

10月 28th, 2014

できるだけ安心してキャッシングしたい方は、プロミスのカードローンがおすすめです。

プロミスは、三井住友銀行グループの大手消費者金融ですので、初めての申し込みでも不安を感じません。

プロミスの貸付利率は、法律で定められた範囲内に設定されていますので、借入後も計画的に返済していくことができます。

キャッシングが初めてで、申し込み前の不安が大きい方は、大手の消費者金融のプロミスを選んでみてはいかがでしょうか。

プロミスで増額するのに掛かる時間とは?

アイフルは主婦にも大人気!

10月 28th, 2014

アイフルのカードローンは、働く主婦にも大人気!
消費者金融のローンなので、年収の3分の1までの利用になりますが、家計のやり繰りのための利用に使っている主婦がたくさんいます。
パートの収入が少ないから・・・という理由でカードローンをあきらめている場合でも、カード発行できることも多いはずです。
最初から「借りられない・・・」とあきらめてしまうのではなく、アイフルのカードローン審査を受けてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンの利点と注意

9月 17th, 2014

おまとめローンの利点は、沢山あります。一番は低金利な消費者金融に借り換える事で
支払総額が減り、毎月の返済額が減ることでしょう。
また返済日が月に一回になる事で、精神的な負担が少なくなるに違いありません。

他にも各消費者金融で行っていた返済の手間や返済手数料が省けるなど利点は十分にあります。
では、おまとめローンで注意すべき点は何でしょうか。
やはり毎月の返済額と返済期間、返済総額を踏まえて申込むことです。

おまとめローンで低金利の消費者金融で契約出来ても返済期間が長期になれば利息が増え
支払総額が以前より高くなる可能性があります。

毎月の返済額が減っても、借金が増えれば元も子もないですのでしっかりと検討すると良いでしょう。
もう一つは毎月の返済額が減る事でついつい他の消費者金融から借りてしまうという事がないように
注意しなければなりません。

おまとめローンは借金がなくなるわけではなく、一つに絞って返済しやすくしただけという事を
忘れないようにしましょう。

キャッシングを賢く利用しよう

9月 8th, 2014

日本には多くの金融機関や賃貸業者が存在していますが特に日本経済が不況になってから台頭してきた大手消費者金融が有名だと思います。消費者金融とはいわゆるサラ金のイメージが拭えませんが近年では全くそういう薄暗いイメージは無くなっています。彼等は豊富な資金力を背景にテレビからラジオ、雑誌やインターネット等さまざまなマスコミ媒体に登場してお金を借りる事は難しい事ではないと言うイメージを植え付けました。(今日中にお金が借りたい方が読むべき即日融資のコツはこちら)
結果は一般家庭に入り込んだ事でサラリーマンだけではなく主婦や学生、お年寄りと言った安定した収入を持たない人達にもキャッシング契約が結べる事を浸透させました。キャッシングとは簡単に言えば借金の事でオシャレな感じに言い直されていますがつまるところは借金の事なので借り過ぎには注意しなければなりません。特に主婦や学生は返済日が近づくにつれお金の工面をしなければならないので非常に大変だと言えます。そういう事情からサラリーマンだけではなく主婦学生もキャッシング契約を結ぶ場合は利用方法と返済計画をしっかり考えて利用する事が大事だと思いますので利用するなら出来るだけ小さな金額で活用しましょう。

主婦でもお金の借入は出来ます

8月 8th, 2014

御主人に内緒で、ちょっとまとまったお金が欲しい時ってたまにはありますよね?実はエステサロンのフルコースを試してみたい、大好きなブランドの新しいバッグが欲しい等々。女性の憧れですもの、ちょっと背伸びして新しい私になってみたい。そんな時にはお金の借入が出来たら嬉しいですね。でも、主婦でも借入が出来るのでしょうか?

実はパートをしている主婦なら大丈夫なのです。一定の収入があって返済計画が立てられるのなら、少しだけ頑張ってみても良いかもしれません。消費者金融なら即日の融資も可能な上、担保も保証人も必要ありませんから大変便利ですし、返済は月々のお給料の中から少しづつ払っていけば無理なく返済できますから安心です。あなたがエステでもっと若々しくキレイになったら御主人はびっくりしちゃうかもしれませんね。そして新しい自分を探していたらもっと新しい幸せがやってくるかもしれませんよ。ステキな毎日を手に入れる為の借入なら一度試してみませんか?

利息を最小限に抑えるプロミスでの一括返済方法とは?

7月 11th, 2014

プロミスの返済は「残高スライド元利定額返済方式」となるため、利息は残高に応じた日割り計算で行われます。
つまり、残高のある期間が長引けば長引くほどに利息はドンドン発生する仕組みです。
ですから、なるべく早く返済することで無駄な利息を支払うことがなくなるのです。

手元に返済できるお金がある場合は、さっさと返済してしまいましょう。
プロミスでは繰上返済も可能となっていますし、一括で返済することも出来ます。
そうすることで従来発生するはずだった利息も抑えられるのです。

では、一括返済の方法はどのようにして行えばよいか、解説しましょう。
一括返済というぐらいですから、利息を含めた全額を返済することになります。
プロミスであればATMや店舗で返済が可能ですが、前述のとおり日割りによって利息は変わります。
ですから、今日全額返済しようと考えた場合、今日までの利息を含めた残高を知る必要があります。
これは、プロミスコールに一括返済したいんだけど利息を含めた支払額を教えてくださいと電話すれば、簡単に教えてくれます。
そうして得た情報を元に返済すればよいのです。

このように一括で返済してしまえば、また必要なときに借入することが出来ます。
ですから、まだまだ返済期日は先だし期間にも余裕があるからと考えるよりは、なるべく早く返してしまうのが賢い借り方であり、返し方なのです。
このことを知らずに損をしている方が結構いることに驚いています。

契約時にしっかりと説明を受けているはずなのですが、何せ内容が細かく専門的な言葉が多い業界ですので、分かったつもりになってしまうのです。
これは契約者だけではなく業者側にも責任はあります。
ですから、プロミスはホームページでも分かりやすくこのあたりの仕組みについても紹介しているのです。

また、借入診断を行えばたったの3秒で借入可能かどうかが分かります。
しかも入力する項目はたったの3つ!
生年月日、年収、借入金額だけです。

この3つをプロミスの公式ホームページから入力するだけで借入可能かどうかが診断できるのです。
ここまでの短時間審査というのは他の業者ではありえません。
どのような仕組みになっているのか、本当に不思議なくらいです。

このようにプロミスは利用者が出来る限り便利になるように、情報を見落とさないようにという努力をしています。
そういう点でも、プロミスが業界トップの人気である秘密が分かるような気がしますね。

消費者金融 のワンポイント

5月 20th, 2014

一番してはいけないのは消費者金融から返すために、
また別の金融から借りるということです。
多重債務は一度はまると大変です。
これはトラブルの元になります。
どんなに小さな金額でも利息は油断は出来ません。
最初は30日間は利息なしで借りれるようですが。
ネットの口コミなどで
消費者金融の金利、返済方法などを比較するのもお勧めです。そして何よりも
早めに正しい返済計画を立てて利用することが大事だなと思います。

オリックス銀行カードローン審査navi【※口コミからみる評判サイト】

専業主婦でも借りれる

3月 7th, 2014

「専業主婦にお金を貸すところなどあるわけがない」ということで融資を諦めている人もいるかもしれませんが、専業主婦でも利用できるカードローンがあります。

カードローンのサービスを提供している業者には、消費者金融・信販会社・クレジット会社・銀行などがありますが、専業主婦が利用できるのは「銀行」だけです。

ここでは、専業主婦が消費者金融や信販会社からお金を借りれない理由、専業主婦でもお金が借りられる銀行カードローンについて説明します。
■専業主婦が消費者金融から借りれない訳とは?

専業主婦や無職の方が消費者金融に申し込んだ場合、間違いなく審査に落ちるでしょう。

これは、消費者金融や信販会社を規制する法律により、本人収入のない方への貸し付けが、原則として禁止されているからです。

貸金業法という法律では、「利用者の年収の3分の1」を超える融資をしてはならない、という仕組みがあります。

この仕組みがあることで、仕事をしている人は自分の年収の3分の1まで、無職や専業主婦の方は1円も借りることができない、という状況にあります。
■専業主婦がお金を借りるには?

「専業主婦でもお金が借りられる」というと、ヤミ金などな危険な業者をイメージしてしまうかもしれません。

しかし、専業主婦が安心して借りることができ、アルバイトやパート勤務の方にも人気があるのが、

銀行カードローン

です。

銀行カードローンは、銀行が独自の基準で融資対象者を決めていますので、本人に収入のない専業主婦などの利用を認めているものもあります。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、専業主婦だけでなく、無職や外国籍の方・学生の利用も認めています。

本人に収入がない場合でも保証人や担保を必要とせず、運転免許証(なければ健康保険証)などがあれば申し込めます。

専業主婦の限度額が30万円、学生の限度額が10万円と制限されていますが、家計のやりくりには十分なお金を借りれるでしょう。